吉井讓『論争する宇宙 「アインシュタイン最大の失敗」が甦る』

論争する宇宙 ―「アインシュタイン最大の失敗」が甦る (集英社新書)

論争する宇宙 ―「アインシュタイン最大の失敗」が甦る (集英社新書)

おもしろい。ていうか読むと泣く。天文学の基礎的なところから入って、宇宙の距離のはかりかたの発展を紹介しつつ、アインシュタインが発表はしたが後に取り消した「宇宙定数」が存在するかも知れないということを解説(でも後半一気に難しくなってふりおとされましたが)。
そしてそこまで解説してきた理論を背景に、クェーサーを定常的に観測することが必要になり、ついには著者自身がプロジェクトを率いて専用の望遠鏡を作ってしまいます。この苦労が並大抵のものではなくて熱いものがこみあげてくる、とかその他もろもろについてあとで書く。